忍者ブログ

ふきのとう

一億人分の労働をロボで


2014年7月16日の日本経済新聞の朝刊に、ソフトバンクのロボット「ペッパー」に関する記事がありました。“ロボで労働人口確保 ソフトバンク孫社長「一億人分可能に」”という見出しの記事です。・・・一億人分の労働人口確保がロボットで出来る・・・。日本人のほとんどが職を失うということですな?。しかし少子高齢化で働き手がどんどん少なくなるでしょうからちょうどいいのかもしれません。ペッパーが本格始動する頃には。ロボットを3千万台導入すれば、「今の製造業の労働人口と併せて1億人分の労働力を確保できる」と孫社長は構想を披露したとのこと。家庭用ロボットの販売は来年2月を予定しているようです。すぐジャン・・・。
機能を広げるアプリ(応用ソフト)の開発で外部の企業と連携するなどしてロボットの開発・普及に取り組み姿勢を強調したようです。ロボットに興味を持っている企業はたくさんあります。人間の仕事がなくなる始まりかもしれません。

SEO対策料金
SEO料金

安いSEO対策の中身
激安 SEO
検索エンジン対策サービス
バックリンク サービス
SEOサービス
SEO実績
バックリンク
ビジネスブログ SEO
格安 SEO
Google SEO
低価格 SEO
検索上位表示
Yahoo SEO
会社 SEO
PR

子供の貧困率最悪


2014年7月16日の日本経済新聞に、子供の貧困率が最悪だという気が載っていました。“「子供の貧困率」最悪 厚労省調査「当時の世帯所得減影響」”という見出しの記事です。貧困率とは→低所得者の割合を示す指標。18歳未満の子供の貧困率も同様に算出。一般的に子供に収入はないため、親の所得などを用いて割り出す。と説明にありますが、わざわざ子供の貧困率とすることはないのでは?と思ったのですが・・・。子供の貧困率が最悪になっている要因は母子世帯の増加。その母子世帯の多くが非正規雇用であることが影響したのでは?とのこと。
統計開始は1985年。この結果から見ても、未婚率・出産率を上げることは限りなく難しくなっているような気がします。でもうちは思います。子供に八つ当たりで暴力を奮うくらいなら、いっそ産まない方がマシなのではないか?と、子供がかわいそうすぎます。お金がないのを子供のせいにされたら子供はたまったもんじゃありませんよ。

SEO業者
SEOサービス
SEO対策サービス

最初から揃っている


最近の若者は何にも買わない。車も乗らない、ブランド服着ない、旅行行かない、消費しない、欲がない、さとり世代と言われている人たちの行動です。なぜ悟ったか。簡単です。すでに全部そろっているから。ちょっと街に行けば最初からモノがあふれている、わざわざ自分のモノにする必要があるのか。そのため、さとり世代と呼ばれる世代は上記のような消費行動になってしまうのではないでしょうか。さらには家族関係に関しても触れています。お父さんやお母さんはそんなに忙しくなかった。7時にはお父さんも帰ってきて一緒に夕食を食べていたとありました。昔の方が父の帰りが遅かったなぁうちは。
父と通販を一緒に食べた記憶がないですもん。代わりにじいちゃんやばあちゃんが常に一緒でした。今の方が父の帰りが早いです(笑)。何なら母より速い時もありますし。資本主義が終わるということでしたが、実は日本って資本主義ではない気がします。日本は元々資本主義ではないということです。

Yahoo!のSEO対策の方法
Yahoo SEO対策
バックリンク対策
バックリンク
ブログ SEO対策

上位表示の仕方
上位表示 SEO
SEO対策
ブログ SEO対策
ホームページ SEO対策
SEO対策 激安
SEO対策 東京
Yahoo SEO対策
Google SEO対策
SEO対策 コンサルティング

SEOサービス
SEO対策

カテゴリー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア